その他


生後低酸素症 マティアスの サクセス・ストーリー 病弱で言語の遅れがあり 苦しい日々を送っていました

誕生から現在までマティアスがたどった道を お父さんが語ります     二人目の子どものマティアスは、私たちの目には何の問題もないかわいらしい赤ちゃんでした。 予定より1か月早く生まれましたが、アプガー指数は10点満点で9点でした。 ところが生後3週間目に低酸素症に陥りました。 ひ […]


脳梁欠損、発達遅滞 ジェイデンのサクセス・ストーリー ジェイデンが歩いた健常への道をお母さんが語ります   更新しました!

  ジェイデンが生れてからこれまでのことを思い起こすと、まず浮かぶのは人間能力開発研究所を初めて訪れたときのことです。 初めて機能評価を受けたのですが、ジェイデンは読む、理解する、腹ばい、高ばい、歩く、言語の合計6つのヴィクトリーを獲得しました。 プログラムを始めてからまだ3年4か月しか経 […]


脳梁無形成 ウェイ・シュアンのサクセス・ストーリー

  お子さんが問題を抱えていることに気づいたのはいつですか。 ウェイ・シュアンは生まれてすぐにICUに入れられ、呼吸を補助するための酸素テントのなかで2週間を過ごしました。 その後HDUに移り、さらに2週間を過ごしました。 私たちは経鼻胃管の扱い方を覚えなければなりませんでした。 退院前に […]


精神遅滞、精神薄弱、情緒障害、失読症 ジョシュアのサクセス・ストーリー 脳が回復するのに遅すぎるということはない ジョシュアは25歳で人生を変える旅に出た

      難産で胎児の心音が感知できなくなり、命の危険にあった赤ちゃんはすぐに保育器に入れられ、酸素を投与されました。     生まれたその年、成長ホルモン欠乏、甲状腺機能障害、下垂体腺萎縮などの診断がジョシュアにくだされました。 泣いてばかりいる […]


小脳性運動失調 ジェイのサクセス・ストーリー

  私の名前はジェイです。 人間能力開発研究所のニュースレターで小脳性運動失調と闘ったザックの記事を読みました。 私もザックと同じ脳の問題を抱えています。 1964年から1967年にかけてザックと同じプログラムをやっていたことを話したいと思います。 ザックについての話に私は胸を打たれ、心に […]


失読症 マーリンのサクセス・ストーリー 作家としての人生を築く

最近ある作家から、両親が50年前に人間能力開発研究所のプログラムを自分におこなってくれたことで、失読症という診断を覆すことができたという報告がありました。 この診断を下されているほかの子どもたちにも救いがあることを知ってほしいと書かれていました。 マーリンからの手紙を紹介します。  196 […]


遺伝子異常 ルーダムのサクセス・ストーリー

ルーダムのお母さんが生まれてからの経過について話してくれました。 生まれたときは元気で健康な赤ちゃんでしたが、生後7か月のころルーダムに大きな問題がいくつも見つかりました。 問題の原因は解明されませんでしたが、非常にまれな遺伝子異常の影響を受けているようだと言われました。生後2か月のころ、ルーダムの […]


小脳性運動失調 ザックのサクセス・ストーリー 希望と努力

現在のザック 魅力的で賢く、決意に満ちています 「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」のコースを受講後、ご両親は何を期待するでしょうか。 脳障害のわが子を救うためのプログラム? 他の親御さんとの支え合い? 人間能力開発研究所のスタッフの指導? 脳の働きについての知識と深い理解? そのすべてです。 […]


てんかん 一生の病か、単なる症状か?  レイのサクセス・ストーリー

現在のレイ 体操競技会での素晴らしい演技で 表彰台に立ちました 妊娠中の超音波検査で羊水が少ないことがわかりました。 20時間の陣痛ののち帝王切開となりましたが、生まれてきたレイには、ご両親の気にかかることはとくにありませんでした。 最初医師たちは、赤ちゃんは少し血色が悪く、反応が鈍いと感じましたが […]


ルビンシュタイン・テイビ症候群 エスターのサクセス・ストーリー 遺伝子異常による予測をすべて覆した

ルビンシュタイン・テイビ症候群 エスターのサクセス・ストーリー 遺伝子異常による予測をすべて覆した   生後3か月でエスターにくだされた診断名は、遺伝子異常によるルビンシュタイン・テイビ症候群というめずらしい病名でした。 医師たちからは、身体的にも知的にも問題を抱えることになるだろうと告げ […]