その他


失読症 マーリンのサクセス・ストーリー 作家としての人生を築く

最近ある作家から、両親が50年前に人間能力開発研究所のプログラムを自分におこなってくれたことで、失読症という診断を覆すことができたという報告がありました。 この診断を下されているほかの子どもたちにも救いがあることを知ってほしいと書かれていました。 マーリンからの手紙を紹介します。  196 […]


遺伝子異常 ルーダムのサクセス・ストーリー

ルーダムのお母さんが生まれてからの経過について話してくれました。 生まれたときは元気で健康な赤ちゃんでしたが、生後7か月のころルーダムに大きな問題がいくつも見つかりました。 問題の原因は解明されませんでしたが、非常にまれな遺伝子異常の影響を受けているようだと言われました。生後2か月のころ、ルーダムの […]


小脳性運動失調 ザックのサクセス・ストーリー 希望と努力

現在のザック 魅力的で賢く、決意に満ちています 「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」のコースを受講後、ご両親は何を期待するでしょうか。 脳障害のわが子を救うためのプログラム? 他の親御さんとの支え合い? 人間能力開発研究所のスタッフの指導? 脳の働きについての知識と深い理解? そのすべてです。 […]


てんかん 一生の病か、単なる症状か?  レイのサクセス・ストーリー

現在のレイ 体操競技会での素晴らしい演技で 表彰台に立ちました 妊娠中の超音波検査で羊水が少ないことがわかりました。 20時間の陣痛ののち帝王切開となりましたが、生まれてきたレイには、ご両親の気にかかることはとくにありませんでした。 最初医師たちは、赤ちゃんは少し血色が悪く、反応が鈍いと感じましたが […]


ルビンシュタイン・テイビ症候群 エスターのサクセス・ストーリー 遺伝子異常による予測をすべて覆した

ルビンシュタイン・テイビ症候群 エスターのサクセス・ストーリー 遺伝子異常による予測をすべて覆した   生後3か月でエスターにくだされた診断名は、遺伝子異常によるルビンシュタイン・テイビ症候群というめずらしい病名でした。 医師たちからは、身体的にも知的にも問題を抱えることになるだろうと告げ […]


ウイルス性脳炎による脳障害 きりんちゃんの サクセス・ストーリー

  きりんちゃんはほとんどの機能を失いました 医師の言葉は受け入れがたいものでした すくすくと育っていたきりんちゃんは、生後1歳3か月で突然病気になり、発作を繰り返しました。 病院に駆け込み、髄液の検査とCTの結果、ウイルス性脳炎と診断されました。 抗けいれん剤が投与されたものの効果はなく […]


質問:9人の子どもが 30分から60分で どのくらい泳げると 思いますか? 答:約11マイル(18キロ) 第31回 2017年スイマソン

第31回 2017年スイマソン  2017年度チーム全員がそれぞれの目標を 達成しました 人間能力開発研究所のエヴァン・トマス・インタナショナルスクールの生徒たちにより、スイマソン(水泳マラソン)が毎年行われることは、数週間前のニュースレターでお知らせしました。 3月11日に第31回目のスイマソンを […]


脳障がい クロエのサクセス・ストーリー 希望の物語

この記事を書いたのは、人間能力開発研究所に付属するエヴァン・トマス研究所インターナショナルスクールの卒業生ナターリア・ノッティンガムです。 ナターリア姉妹とその弟は、人間能力開発研究所の健常児のプログラムで育ちました。 先日脳障害児のプログラムの見学のために研究所を訪れ、実際に目にしたことに感動し、 […]


遺伝子異常 アレックスのサクセス・ストーリー

リーダーズ・ダイジェスト特集で アレックスは「専門家」の間違いを証明した     9qサブテロメリア欠失症候群と診断された 100人の子どものひとりでした   生まれたときアレックスは、体がしっかりしていない弱々しい赤ちゃんでした。 ご両親と医師たちは、赤ちゃんの顔に特異な特徴が […]


ピエールの サクセス・ストーリー 出生時の外傷を乗り越えて

  現在のピエール   ピエールの素晴らしいサクセス・ストーリーをご紹介したのは1年以上前のことです。 最近になってご家族から近況報告がありました。 ピエールはまわりも驚くような成功をずっと続けています。 ピエールはへその緒が首に巻きついた状態で生まれてきました。 出産は結局帝王 […]