その他


ウイルス性脳炎による脳障害 きりんちゃんの サクセス・ストーリー

きりんちゃんはほとんどの機能を失いました 医師の言葉は受け入れがたいものでした すくすくと育っていたきりんちゃんは、生後1歳3か月で突然病気になり、発作を繰り返しました。 病院に駆け込み、髄液の検査とCTの結果、ウイルス性脳炎と診断されました。 抗けいれん剤が投与されたものの効果はなく、その後3日間 […]


質問:9人の子どもが 30分から60分で どのくらい泳げると 思いますか? 答:約11マイル(18キロ) 第31回 2017年スイマソン

第31回 2017年スイマソン  2017年度チーム全員がそれぞれの目標を 達成しました 人間能力開発研究所のエヴァン・トマス・インタナショナルスクールの生徒たちにより、スイマソン(水泳マラソン)が毎年行われることは、数週間前のニュースレターでお知らせしました。 3月11日に第31回目のスイマソンを […]


脳障がい クロエのサクセス・ストーリー 希望の物語

この記事を書いたのは、人間能力開発研究所に付属するエヴァン・トマス研究所インターナショナルスクールの卒業生ナターリア・ノッティンガムです。 ナターリア姉妹とその弟は、人間能力開発研究所の健常児のプログラムで育ちました。 先日脳障害児のプログラムの見学のために研究所を訪れ、実際に目にしたことに感動し、 […]


遺伝子異常 アレックスのサクセス・ストーリー

リーダーズ・ダイジェスト特集で アレックスは「専門家」の間違いを証明した 9qサブテロメリア欠失症候群と診断された 100人の子どものひとりでした   生まれたときアレックスは、体がしっかりしていない弱々しい赤ちゃんでした。 ご両親と医師たちは、赤ちゃんの顔に特異な特徴があることに気付きま […]


ピエールの サクセス・ストーリー 出生時の外傷を乗り越えて

現在のピエール   ピエールの素晴らしいサクセス・ストーリーをご紹介したのは1年以上前のことです。 最近になってご家族から近況報告がありました。 ピエールはまわりも驚くような成功をずっと続けています。 ピエールはへその緒が首に巻きついた状態で生まれてきました。 出産は結局帝王切開になりまし […]


未熟児 未熟児が問題を抱えているのは 運命なのか? 脳に働きかけることによって その人生を変えられるのか?

予定日より14週間早く生まれてきた息子を夫婦でどのように育てたか、あるお父さんの手記をご紹介します。   私たちの生活が大きく変わったのは18週間ほど前のことでした。 次男のコアが、妊娠26週目で生まれてきたのです。 体重は1030グラムでした。   生まれた日のコア 次男が生まれる4週間 […]


全前脳胞症と重度の難聴 こうしろう君のサクセス・ストーリー

解決策は移植でも補聴器でもない 妊娠中、お母さんの体調は万全ではありませんでした。 赤ちゃんの胎位が顔位であることがわかり、出産も容易ではないことが予想されました。 吸引分娩での出産でした。 医師たちは赤ちゃんに問題がある可能性を想定していたので、早いうちに検査をしました。 赤ちゃんのこうしろう君 […]


21トリソミー(ダウン症)の子どもたち 最新の研究から見える希望

パトリック・バゴット医師とロシェル・バゴット医師は最新の研究論文の中で、21トリソミー(ダウン症)の子どもに、脳への働きかけを毎日くりかえしすると、発達を促進できると述べています。 人間能力開発研究所のプログラムをおこなった248人の21トリソミー(ダウン症)の子どもたちを対象に、その発達の記録を分 […]


注意欠陥障害・発達遅滞 アンドレスの サクセス・ストーリー

目標を達成した希望の物語 朗らかなで自信に満ちた少年になりました 生まれたときアンドレスは呼吸ができず、チアノーゼが出ていました。 お母さんは長時間の陣痛に苦しみました。 赤ちゃんは産声をあげず、直ちに蘇生措置が施されました。 保育器に入れられ、酸素が与えられました。 生後1年の間、アンドレスはとて […]