iahp


子どもの能力を伸ばす 能力は生まれつきのもの? それとも伸ばしてあげられる?   更新しました!

世界で最も強力な学習チーム 最高の教師、最高の生徒 それは母親と赤ちゃんです   1才になれば歩き出すなど、子どもの成長はしかるべき年齢になると自動的にその発達段階に到達し、その能力は生まれつき備わっていると思われていました。 言い換えれば、赤ちゃんがもって生まれる能力は遺伝的に決まってい […]


ウイルス性脳炎による脳障害 きりんちゃんの サクセス・ストーリー

きりんちゃんはほとんどの機能を失いました 医師の言葉は受け入れがたいものでした すくすくと育っていたきりんちゃんは、生後1歳3か月で突然病気になり、発作を繰り返しました。 病院に駆け込み、髄液の検査とCTの結果、ウイルス性脳炎と診断されました。 抗けいれん剤が投与されたものの効果はなく、その後3日間 […]


お父さんのよいところ

「赤ちゃんの知性を何倍にもするには」コースの デモンストレーションで お父さんと一緒に年表をつくるジェイク 「お母さんではない」ことは、お父さんの強みです。 この子はもうできるようになったのだから自分でやればいいと、あえて手を出さないのは、お父さんの素晴らしいところです。 お父さんは、他の子にはでき […]


オンラインコース 健常への道

オンラインコース「健常への道」では、栄養、運動の発達、知的成長という、基本的な3つの分野についてお話しします。 それぞれの分野で知っておくと役に立つこと、実行して欲しいこと、注意すべきことについて、重要な情報を提供します。 お子さんの発達を妨げるものをなくすために、必要なことばかりです。 人間能力開 […]


自閉症・発達遅滞 マルコムのサクセス・ストーリー お母さんからの手紙

私たちは息子のマルコムが赤ちゃんのころから、何か問題があるのではないかと感じていました。 生後1年半でやっと歩き始めましたが、歩き方は不安定で、バランスを崩してよく転びました。 音に反応しないことが多く、名前を呼ばれても反応せず、話もしませんでした。 聴力検査を受けましたが、問題は見つかりませんでし […]


ベターベビー育ちの子どもたち 親になって研究所に戻ってきました

6月のコースでは人間能力開発研究所の庭の花が きれいに咲いて参加者を歓迎します 第一回の「赤ちゃんの知性を何倍にもするには(ベターベビー)」コースが開催されたのは1978年でした。 それ以来、受講したお母さん、お父さんから、子どもたちについての報告が途切れることはありません。 当時の「ベターベビー」 […]


トリソミー21(ダウン症) エゴールのサクセスストーリー

    エゴールはトリソミー21(ダウン症)の子どもとして生まれました。 この診断名を医師から伝えられるときは、子どもの将来にほとんど希望がないとも言われるものです。 しかしエゴールのご両親はわが子の潜在的な可能性を信じて、それを開花させるのに必要な機会をしっかりと与えようと固く […]


脳性まひ、発達遅滞、てんかん 診断名を乗り越えたデニス

デニスのやさしさと魅力は 家族がともに戦い日々勝利を収める原動力です   デニスは6カ月になっても独りで頭を持ち上げられず、体重が増えませんでした。 ご両親はデニスには生まれつき何か問題があるに違いないと気づきました。 生後11か月になると、大きな発作が始まりました。 複数の抗けいれん剤が […]


ブラジル ベレンで講演会を開催 子どもの脳の発達について

地球上で最大の熱帯林にある都市ベレン   人間能力開発研究所のスタッフはベレンで2日間にわたり講演会をおこないました。 ベレンを州都とするパラー州からの参加者が大半を占めましたが、サンパウロ、レシフェ、マトグロッソ・ド・スルなどからの参加もありました。 ベレン:ヤシ科の植物 アサイーの密林 […]


ダウン症 スリのサクセス・ストーリー

父親は、母親と同じように 最良の教師である 新生児集中治療室のスリ お姉ちゃんのリラに抱かれて スリはマランビンビー病院で生まれました。 水中出産で、助産婦が水のなかから赤ちゃんを引き上げて私に抱かせてくれたとき、最初に目に入ったのは美しい二つの目でした。 普通の子どもとは何か違うとは思いましたが、 […]