第一のプログラム:自家製のプログラム


What To Do About Your Brain-Injured Child by Glenn Doman is essential reading for parents.Mother learning about the Home Treatment Program

 

目的

人間能力開発研究所が本来めざすのは、私たちが過去50年以上にわたって得た他に類のない知識を、世界中の子どもを持つ親に知ってもらうことです。研究所は子どもの脳を発達に関する本をたくさん出版しています。多くの言語に翻訳され、世界中で読まれています。

 

資格

すべての親に資格があります。

 

準備

グレン・ドーマン親こそ最良の医師を手に入れること。(原題:What To Do About Your Brain-Injured Child) the book What To Do About Your Brain-Injured Child by Glenn Doman.

 

内容

「自家製のプログラム」は、まずグレン・ドーマン著「親こそ最良の医師」を読むことから始まります。「自家製のプログラム」を子どもにおこなう親は、この本をしっかりと読みこんでください。内容を理解したと確信できるまで、何回でも読んでください。その上で、自分の子どものためのプログラムを考えます。自分の子どもが何を必要としているのか、家族として、どれだけの時間とエネルギーをそのプログラムに使えるのか、子どもに対してどれだけの熱意をもっているのかなどを考えながら、プログラムの構想を立ててください。作成したプログラムを、わが子をよくするために使います。やり始めると、運動面、知性面、生理面、社会面のプログラムなどを、より高いレベルで、より幅広くおこないたいという気持ちが出てきて、穏やかな革命シリーズの本を読みたくなることもあるでしょう。

 

証書

人間能力開発研究所は、このプログラムのための講義をおこなっていないため、証書は発行致しません。

 

本を購入するには

人間能力開発研究所の本は、日本ではドーマン研究所が出版しています。すべての本が全国の書店で注文できます。ドーマン研究所に直接注文することもできます。

 

 

日本の連絡先

 

人間能力開発研究所の日本の支部である ドーマン研究所 にご連絡ください。

ドーマン研究所 東京オフィス  電話 03-3797-5950

コース担当者  中谷内 美紀  電話 080-9895-7653

メール info_japan@iahp.org