読み


グレン・ドーマンが「赤ちゃんに読みをどう教えるか」を執筆してから50年になります。その間に何百万人ものお母さんやお父さんがこの本を読み、その結果数えきれないほどの赤ちゃんが、知的に優秀になる道を歩み始めました。子どもは計り知れない可能性と能力をもっています。とても小さい子どもでも、読めるようになります。小さな子どもたちは読めるし、読みたいのです。私たちは、小さな子どもも読むべきだと確信しています。小さな子どもは、学びたいという限りない、燃えるような願望を内に秘めています。どのように教えたらよいかを親が知ったなら、子どもはあらゆることを学べるのです。脳の成長と発達は動的なもので、常に変化をし続けています。赤ちゃんに読むことを教えれば、赤ちゃんの脳の聴覚と視覚の経路が発達します。脳は使うことで成長します。赤ちゃんに読みを教えることは、生涯を通じて読むことが大好きになる第一歩であるだけでなく、脳の成長と発達を促すことにもなるのです。脳がどのように成長するのか、なぜそのように成長するのか、それを親が理解したなら、わが子への愛と理解を通じて、親は子どもにとって生涯の最良の教師になることができるのです。

赤ちゃんに読みを教えるのはなぜ大切なのでしょう?

 

コース参加者の声

 

Braun-READING-300x204

孫娘が2歳のときに、この方法で教えました。その結果孫娘は3歳でリーダーズ・ダイジェストを読むようになりました。現在16歳のこの子は、ロスアンジェルスの学校で成績“A”を収めています。この本はすべての若いお母さんに読んでほしいです。

-祖母、米国カリフォルニア州

 

BoyReading-300x241「まさか」が現実となりました。誰かから、私の2歳になる息子は、3歳までに読めるようになると聞いたのが6か月前だったら、「まさか」と言っていたでしょう。

-母親、米国ルイジアナ州

 

 

ChildrenLoveReading私は教育学の修士号をもっていますが、人間能力開発研究所で教えられたことは、他に類のない、実際に使える、そして人生を変えるものでした。このプログラムは、子どもが小さいうちに教えるための手段を両親に与えてくれます。

-母親、米国ペンシルベニア州

日本の連絡先

 

人間能力開発研究所の日本の支部である ドーマン研究所 にご連絡ください。

 

ドーマン研究所 東京オフィス  電話 03-3797-5950

コース担当者  中谷内 美紀  電話 080-9895-7653

メール info_japan@iahp.org

 

もっと知りたい方は: