脳障害児のサクセス・ストーリー


精神遅滞、精神薄弱、情緒障害、失読症 ジョシュアのサクセス・ストーリー 脳が回復するのに遅すぎるということはない ジョシュアは25歳で人生を変える旅に出た   更新しました!

      難産で胎児の心音が感知できなくなり、命の危険にあった赤ちゃんはすぐに保育器に入れられ、酸素を投与されました。     生まれたその年、成長ホルモン欠乏、甲状腺機能障害、下垂体腺萎縮などの診断がジョシュアにくだされました。 泣いてばかりいる […]


21トリソミー(ダウン症) つらい診断から素晴らしい人生へ ジュリアのサクセス・ストーリー   更新しました!

  ダウン症は治療法のない病気なのでしょうか。 我が子が21トリソミーの診断をくだされたという親御さんが、毎週のように人間能力開発研究所にやってきます。 なかには、医療関連の専門家から、妊娠12週間を過ぎないうちに子どもをあきらめるようにアドバイスされているお母さんもたくさんいます。 21 […]


自閉症 ユウヤさんのサクセス・ストーリー

闘うチャンスを得て正面から向き合った ユウヤさんの近況報告   私たちがユウヤさんに最後にお会いしたのは、高校に入学した頃でした。 そして今、ユウヤさんはこれからの道を自ら選び、進んでいます。 まずは2016年に配信したユウヤくんのストーリーを紹介します。 とてもおとなしい赤ちゃんで、発達 […]


小脳性運動失調 ジェイのサクセス・ストーリー

  私の名前はジェイです。 人間能力開発研究所のニュースレターで小脳性運動失調と闘ったザックの記事を読みました。 私もザックと同じ脳の問題を抱えています。 1964年から1967年にかけてザックと同じプログラムをやっていたことを話したいと思います。 ザックについての話に私は胸を打たれ、心に […]


21トリソミー(ダウン症) アナ・ソフィアのサクセス・ストーリー あきらめないという道

  生まれてきた子どもに何か問題があるかもしれないと気づいたら、どうしますか。 アナ・ソフィアのお母さんは、子どもの顔つきや、筋肉の緊張が弱いことが、他の子どもと少し違うことに気づきました。 医師はアナ・ソフィアが21トリソミーであると告げました。 その時の気持ちを振り返ってお母さんは言い […]


21トリソミー エマのサクセス・ストーリー 診断名にとらわれることなく

    きれいな青い目と、かわいらしい鼻が特徴の赤ちゃんとしてエマは生まれました。 心室中核欠損で心臓には小さな穴が3つあいていました。 喉頭軟化症で気道が柔らかすぎて逆流が起こるため、睡眠時無呼吸がありました。 検査の結果21トリソミーと診断され、さらに生後6か月でウェスト症候 […]


自閉症スペクトラム マテオのサクセス・ストーリー 家族は「健常への道」を選んだ

    マテオのお母さんからの手紙を紹介します。 妊娠37週間に帝王切開で生まれました。 9か月までは、他の赤ちゃんと同じように、すくすくと成長していると思っていました。 ところがこのころから意味のある声を出さなくなり、目を合わすこともなくなりました。 私も夫も、子どもの発達は一 […]


脳梁欠損 モザイク8トリソミー 脳性麻痺 ディエゴのサクセス・ストーリー

  家族はディエゴの人生を変える道を選んだ   ディエゴは帝王切開で生まれました。 産声はなく、チアノーゼが見られ、発作もありました。 生後12日間は酸素吸入が必要でした。 母乳を飲めなかったため、経管栄養となりました。   「ディエゴが生まれてすぐ、医師たちからこの子 […]


失読症 マーリンのサクセス・ストーリー 作家としての人生を築く

最近ある作家から、両親が50年前に人間能力開発研究所のプログラムを自分におこなってくれたことで、失読症という診断を覆すことができたという報告がありました。 この診断を下されているほかの子どもたちにも救いがあることを知ってほしいと書かれていました。 マーリンからの手紙を紹介します。  196 […]


発達遅滞 クリシュナの サクセス・ストーリー 発達が年齢レベルより 大幅に遅れていたクリシュナは 今クラスのトップグループにいます

現在のクリシュナ 幼児期のクリシュナの発達はゆっくりしていました。 9か月になってもまだ他の赤ちゃんと同じようにハイハイをしていないことに、お母さんは気づきました。 それぞれの発達段階に関して、全般的に遅れがありました。 4歳の時点で言語はかなり遅れていましたし、運動面では他の子に比べて慎重すぎるほ […]