脳性まひ


脳性まひ アーロンのサクセス・ストーリー

アーロンのサクセス・ストーリー   アーロンは、緊急帝王切開で生まれ、体重が1800gの未熟児でした。 呼吸もできず、呼吸器をつけるなどさまざまな治療が始まりました。 生後4か月のときに、脳性まひという診断がくだされました。 1歳の誕生日を迎える前に、初めて発作を起こし、抗けいれん剤の投与 […]