学習障害と発達遅滞 クラスのトップに立った ジャーマンの サクセス・ストーリー


 

2016年に研究所を訪ねた時の15歳のジャーマン

6月の暑い日、ジャーマンとご両親は人間能力開発研究所を訪れました。
背が高く笑顔のすてきな少年になったジャーマンは、そのときに開催されていた「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」のコースで、参加者に話をしてくれました。

自らの人生、数学、言語、運動、友人と過ごす時間などがどれだけ楽しいかを話す15歳のジャーマンは生き生きとしていました。
人間能力開発研究所の集中プログラムから卒業して5年になり、レベルの高い学校に通い、優秀な生徒として学び続けています。
ご両親は我が子がここまで来たことをこのうえなく誇りに思い、これからの人生でも成功するに違いないと確信しています。
しかしジャーマンの人生の始まりは、明るいものではありませんでした。

出産予定の前日赤ちゃんの心拍が乱れ、胎児切迫仮死となりました。
生まれてきた赤ちゃんは、首の周りにへその緒が二重に巻きついていました。
身体は小さく、おとなしい赤ちゃんでした。
お母さんは指示通りに赤ちゃんを仰向けに寝かせ、数か月間赤ちゃんは動きませんでした。

赤ちゃんが7か月になったとき、お母さんは「赤ちゃんの知性を何倍にもするには」コースを受講しました。
コースで赤ちゃんをうつ伏せにすることの大切さを学び、うつぶせにし始めて間もなく赤ちゃんは腹ばい、高ばいをするようになり、さらに歩けるようにもなりました。

保育園に通っていた3歳のころは、他の子どもたちと一緒に遊ぶことはありませんでした。
いつも一人でいて、言葉での指示に反応することはありませんでした。

 

Developmental Delay Success Story German

自分に合わせたプログラムを
作成してもらうため
初めて研究所を訪れたジャーマン

7歳になった頃、お母さんは次のように語っています。

「息子は指示にしたがうことが難しく、先生の話にも注意を払うことができません。
他の子どもたちが絵や字を書いているとき、息子の前にある紙は白紙のままです。
子どもたちが先生の話を聞いているとき、息子はひとり別の世界にいるようです。
先生に質問をされても、反応しません。
手を使う作業はすべて避けていますし、書くことも大嫌いです。
数や算数が理解できません。
集中力がないためゲームをしても失敗ばかりですし、すぐに飽きてしまいます。
先生方は息子の問題を理解できないのです。」

「触覚、匂い、味にとても過敏です。
何かに触るといつもすぐに手を洗って、痕跡をなくそうとします。
ハグされるのが嫌いですし、服の内側についているタグをとってほしいと言います。
音もうるさく感じているようで、人ごみでは話し声を嫌って耳をふさぎます。
よく眠れなくて、いらいらしています。
この年齢になっても、食べ物をあまり噛みません。
片方の目をふさぐことがよくありますし、食べたり鋏を使ったりするのに、どちらの手を使うか決められません。」

「太陽がすっかり月の影に隠れてしまったように、私には感じられます。
息子が能力を発揮することを、なにかが妨げているのです。
いろいろなことに関心を示して知りたい気持ちはあるのですが、集中できないのです。
息子には絶対に助けが必要です。」

人間能力開発研究所の「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」コースを受講したご両親は、子どもに「中度、拡散、脳の両半球、大脳皮質と中脳」の障害があると判断しました。
家族はすぐに集中プログラムを開始しました。

 

Developmental Delay Success Story German

 

ジャーマンは家庭でおこなう
運動プログラム
ブレキエーションをしています

 

家庭でプログラムをおこなって1年が経ち、ジャーマンはとても健康になりました。
栄養価の高いしっかりした食生活を送り、胃の不調や呼吸器系の感染症はなくなりました。

完全な交差パターンで腹ばいをし、1日に3キロ走っています。
ブレキエーションも独りでできるようになりました。
体操も上手になりました。

1年前は数を順序通りに数えることができませんでしたが、現在算数では同年齢より1年上のレベルになっています。
読むことでは、8歳のときに10歳児レベルの本を読んでいました。
同じ年頃の子どもたちとも交流ができ、ヴァイオリンは飛びぬけて上手です。

1年前は書くのが遅く、書くこと自体を嫌っていました。
今は一日中ノートを持ち歩いて、作文のために思いついたことを書き留めています。
サイエンス・フィクションの10章からなる本を書き、タイプして自分で編集しました。
すべて自分独りでやりました。
そのために使った時間を、最後の1秒まで心から楽しんでいました。

家庭でのプログラムを卒業し、レベルの高い私立学校に戻ることができました。

 

 

Developmental Delay Success Story German

 

誇らしい日:お母さん、お父さん、
おじいちゃん、おばあちゃん、
スーザン・エイセンが、プログラムを
卒業するジャーマンを祝います

 

集中力がない、質問に答えない、数が数えられない、書くことが大嫌いという生徒は、今や賢くて、熱心で、次々と成功を収める生徒になりました。
同じ少年ですが、今では自分の能力を最大限に発揮できるようになったのです。

テストは白紙で提出していた生徒が、地理と歴史のテストでは満点をとっています。
宿題のプロジェクトのチェックリストの最高点は100点ですが、優秀であることを認められたボーナスがついて、103点を獲得しました。

学校の英語の先生がお母さんに尋ねました。

「息子さんから何かよい知らせを聞きましたか。
テストから判断すると、お子さんはクラスで最も読みの能力があります。
今より3段階上のレベルになれます。
そうなればトップに到達するのにはあと1段階だけです。
そのレベルまで行けば、チャールズ・ディケンズの作品などを読むことになるでしょう。
年齢レベルをはるかに超えていますよ。」

お母さんは言います。

「人間能力開発研究所のスタッフは、大好きな家族と一緒に仕事ができる自分たちは、世界一幸運だとよく言います。
しかし私たち家族は、もっと幸運なのです。
研究所に出会い、かかわることができたからです。
最初のうち私は、自分の息子がなぜこんな問題を抱えているのだろうと思いました。
私たち両親は息子を救うチャンスを与えられたのだと、今は理解しています。
息子は今とても健康で、強くて、幸せです。
感謝の気持ちを覚えない日は、一日もありません。」

「息子のジャーマンは、これからも毎日最大限に努力していくでしょう。
知性面、運動面、社会面の全てにおいて、優秀な人間であり続けるでしょう。」

答えを求めて、目標を達成するために戦うチャンスを息子に与え続け、決してあきらめることのなかった素晴らしい家族とジャーマンに、おめでとうの言葉を贈ります。

 

Developmental Delay Success Story German

 

ジャーマンとお父さん
プログラムを成功させるという大きな山を征服

 

ジャーマンの近況報告

 

ジャーマンが18歳になったとき、お母さんが近況を報告してくれました。

「ジャーマンは18歳になりました。
現在私たちはウィーンに住んでいます。
16歳のときには、成績優秀者として2年後にオックスフォードかケンブリッジのどちらかの大学に入学の申請ができると認められていたのですが、どうやらジャーマンはこちらの工科大学で機械工学を学ぶことにしているようです。
インタナショナル・バカロレアでも、物理学でa6の優れた成績を修めました。」

ジャーマンはこれからも優秀であり続けるに違いありません。
世界に足跡を残す日が来るでしょう。
ある意味ではすでに足跡を残しているとも言えます。
なぜならこれまでの短い年月の間に、多くの人から不可能と思われていたことを成し遂げたからです。
もちろん素晴らしい家族の助けあってのことですが、何よりもジャーマン自身の努力、決意、そして自らの将来のために立ち上がり戦った勇気によるところが大きいのです。

 

諦めることなく答えを求め続けたジャーマンと素晴らしいご家族に乾杯!
同じ悩みを持つお母さん、お父さんに、発達遅滞と診断されたわが子も充実した素晴らしい人生を送れるという希望をもたせてくれたことに敬礼!