発達遅滞 妙さんのサクセス・ストーリー


「お子さんは普通の子どもには
なれないでしょう」という医師の言葉は
その通りだったのでしょうか

Tae1

障害との戦いのなかで日々進歩していきました

妙さんの人生は、普通に始まったとは言えませんでした。
妊娠6か月目に流産の危険がありましたが、何とか臨月まで持ちこたえました。
しかし産声をあげられず、体全体の血色が悪く、発作が始まりました。
赤ちゃんには脳障害があり、通常の発達は期待できないだろうと、ご両親は医師から告げられました。生まれてから1か月、赤ちゃんはあまり動きませんでした。
腹ばいや高ばいをし始めても、ぎこちなくしかできませんでした。
2歳近くまで歩けず、その後歩き始めても、右足は内側を向き、左足はつま先立ちでした。
Tae2

生まれてから数年はたいへんでした

妙さんが4歳になったとき、抗けいれん剤が処方され、同年齢に追いつくようにと理学療法も始まりましたが、何をしても思わしい成果は見られませんでした。話し始めたのは2歳のときでしたが、8歳になるまで文章で話すことはできませんでした。
Tae3

同年齢の子どもよりすべての面で遅れていました

小学校に通っていましたが、8歳のときには読みや理解力はクラスのレベルから2年分遅れていました。
書くことはどうにかできましたが、とても苦労していました。
運動面でも他の子どもよりかなり遅れていて、その差は日を追って大きくなっていきました。妙さんの9歳の誕生日の直前に、ご両親は「あなたの脳障害児になにをしたらよいか」のコースを受講しました。
コースの期間中にお父さんが次から次へと限りなくスタッフに質問してきたことを、私たちはよく覚えています。
この家族は幼い娘に変化をもたらすに違いないと、私たちは確信していました。何百メートルもの腹ばいや高ばいを含む運動プログラムに加え、2か国語で読みのプログラムをおこない、栄養のプログラムもしっかりとおこないました。
その後まもなく、妙さんは人間能力開発研究所を訪れて機能評価を受けたのですが、ご両親がコースを修了してから家庭でしっかりとプログラムをおこなっていたので、妙さんにはすでに進歩が見えていました。運動面のプログラムでは、3キロを走り、体操もできるようになってきました。記憶力、読み、算数、書くことなど、すべてに目に見える進歩がありました。
毎日合計90分読書をし、走り方がより自然になり、視覚の収束(見る対象に焦点を合わせる能力)も改善しました。
生まれて初めてボールをキャッチすることができたのもこのころです。
話のつじつまが合うようになり、声も大きくなりました。
抗けいれん剤の服用をやめることができて、発作からも解放されました。Tae4

毎日していたランニングのプログラムは
進歩のためには欠かせないものでした

 

妙さんはご両親のもとでプログラムを続け、6か月ごとに研究所スタッフの機能評価を受けました。
最初の研究所訪問から6か月後の機能評価では、指示にしっかりとしたがうことが出来たり、言語が向上したり、4.8キロをノンストップで走れるようになるなどの成果が確認されました。集中プログラムを続ける間、妙さんは二度にわたって、人間能力開発研究所のエヴァン・トマス・インタナショナルスクールへの留学を体験しました。
これは研究所に所属する健常児のための学校です。
妙さんはここで優秀な生徒として過ごし、英語も身につけていきました。
この研究所のプログラムで育ってきた生徒たちと一緒に楽しく学ぶことが出来ました。
脳の機能を発達させるための重要なプログラムのひとつとしておこなっていた体操も、優秀なレベルにまで達しました。

 

Tae5

体操の能力も優れています

 

帰国してからは、物語を創作し、コンピュータのプログラミングを学び、バレエの稽古も始めました。

 

Tae6

レクチャーシリーズでは
バレエのデモンストレーションをしました

 

研究所のプログラムを続けながら学校の勉強も手を抜かず、高校入試を目指して頑張りました。高校生となった妙さんは、充実した高校生活を送る間に、独りでカナダへの留学も果たしました。

 

Tae7

高校生の妙さん

 

高校ではとくに国語と英語が得意だった妙さんは、卒業後大学に進学しました。大学卒業後、社会福祉の分野で仕事をしている間に、同僚と結婚することになりました。

 

Tae8

結婚の記念写真

Tae9

幸せそうな新郎新婦です 

 

現在妙さんは二人の子どもの母親です。
妙さんを誇り思っているご両親は、娘の明るい将来を願って小さい時に教えたように、今は孫にいろいろと教えています。
妙さんの持っている能力を疑うことなく、答えを探し続け、見つけたときには全力をつくし、やり遂げたのです。

 

Tae10 経験は次々と繋がっていきます

妙さんは自分の子どもに

教えることを楽しんでいます